×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

  復興基準点(その1)

阪神淡路大震災の際、神戸周辺が再測量され、二万五千分の一「緊急修正版」が発行されました。

いうまでもなくその時活躍した復興基準点。今でも 神戸・西宮・宝塚・淡路島方面で実際に埋設されているのを見ることができます。

  国土地理院ホームページでは「復興基準点の記」が公開されています。基準点コードで検索できます。お近くの方は訪ねてみてはいかがでしょうか。

 復興基準点 点名 FK150

上部の刻みは 「復興事業に重要な測量標です大切にしましょう」 

 

 撮影 上西勝也氏

 五色塚古墳(基準点有り)の上へ登る階段にもあります。

  No.FK307 基準点コード 5135-70-5303

撮影 注ェ田幸義氏

神戸市垂水区の坂上公園にて。2002年12月撮影

道路端にあるため地下に埋められ、ちょっと痛々しい傷があります。

撮影 注ェ田幸義氏

点名 FK314 基準点コード 5135-70-5501

 

                            復興基準点その2へ国土地理院の基準点(三角点以外)トップページへ戻る